斉藤ミハエルのハッテン場

なんの変哲も無いにっきちょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

押尾学もハマった…劇ヤク「MDMA」体験者が激白

[記事元:イザ!]
ミュージシャンで俳優の押尾学容疑者(31)の逮捕で、にわかに注目を浴びたのが合成麻薬「MDMA」。酒井法子容疑者ら逮捕者が相次いでいる覚醒剤・大麻ほどの“メジャーさ”はないが、手軽に摂取できるうえ、独特の多幸感が得られるとして若者の間で急速に広まっているという。しかし、致死性の「毒」が混じった“不良品”が出回っているほか、「脳に深刻な後遺症を残す」との指摘も。一体どんな薬物なのかを体験者に聞いた。
「MDMA」(メキレンジオキシメタンフェタミン)は興奮・幻覚作用を起こす合成麻薬の一種。精神疾患の治療薬として誕生したが、1980年代後半、麻薬として欧州で爆発的に流行した。主にテクノ系の音楽を流すクラブや「レイブ」とよばれる野外イベントで広まったが、90年代後半には日本でも「エクスタシー」「バツ」「タマ」などの別称で流通し始めた。MDMA使用経験のある都内の30代男性はその効果をこう語る。

 「摂取すると20-30分で気分が高揚してくる。どんなに落ち込んでいてもハッピーになり、周囲にいる人がいとおしくてしようがなくなる。そんな気分が2-3時間、質がいいものだと5-6時間続くんです」

 相場は1錠5000円程度。錠剤やカプセル状になっており、水とともに飲めるので簡単に服用できる。大麻のような独特のニオイもなく、覚醒剤のような暗く危険なイメージもない。そのため、軽い気持ちで手を出す人が多いという。

死の危険を冒してまで1錠5000円の錠剤を買うのか。
その5000円があれば別の事で憂さ晴らししますがね。
麻薬かっこいい!とでも思ってたんでしょうかお塩先生は。
腐ってますね・・・麻薬持ち込んだ奴と使用した人間は中国同様死刑でいいと思うんだけど・・・
この法律だけは中国を支持しますね。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/13(木) 13:11:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<検索エンジンのユーザー満足度、1位はグーグル--米調査 | ホーム | 酒井法子逮捕 空白の6日間…複雑な事情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drivesaitou.blog72.fc2.com/tb.php/13-b535d560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。